京都市北区の胃腸科、外科、肛門科、リハビリテーション科なら臼井医院。患者さんに負担の少ない胃カメラ、大腸カメラもおこなっています。

臼井医院
ご予約・お問い合わせ tel.075-415-2221

〒603-8225
京都府京都市北区紫野南舟岡町78-15

  • HOME
  • 当院のこだわり
当院のこだわり

内視鏡検査に力を入れつつ、地域の皆さんの健康全般を末永くサポートできる医院を目指してまいります。

胃・大腸の内視鏡検査を中心に、生活習慣病などまで幅広く診ています。医師と患者というより人としてのつながりを大切にし、来院してくださった患者さんの健康を、末永くサポートさせていただければ幸いです。

医師として力を入れてきたこと
手作業が好きな性格を活かして、丁寧な内視鏡検査に努めてきました。

もともと、手を動かすことが得意だったことが、消化器内科の医師を志したきっかけの1つでもあります。消化器内科は、検査などによる内科的な診断力だけでなく、ポリープの切除などの外科的な技術も必要なところが性に合っていると思っています。

勤務医時代には、内視鏡検査やがんの治療に携わり、消化器疾患を中心に内科全般の診療を経験してきました。これまでに学んだことを活かし、今後も消化器疾患から生活習慣病まで幅広く診られるよう努めてまいります。

診察のモットー
どのような患者さんにも伝わる言葉で診療内容を説明することを目標としています。

以前、中高時代の同級生と近況などを話していたときに、専門用語混じりの私の話が伝わらず、ハッとした場面がありました。医学を専門的に学んできた私たち医師には、医学の専門用語が日常的な言葉であっても、一般の方にとってはそうではないことを改めて気づかされた経験でした。

医師が大事にすべきモットーは、患者さんの立場や理解度に配慮しながら、分かりやすく伝わるように言葉を選ぶことだと思います。患者さんからの質問があれば、一つひとつ丁寧にお応えし、納得していただくことでお互いの信頼関係を深めながら治療を進めていきたいです。

内視鏡検査でこだわっていること
鎮静剤などを使用し、より楽に、より気軽に検査を受けていただけるよう努めています。

「内視鏡検査はつらい、痛い」というイメージが根強くあると思いますが、病気の早期発見のためにも、より楽に、より気軽に受診していただけることを願っています。

そのため、当院では、胃の内視鏡は基本的には鎮静剤を使用して、眠っている間に検査を行っています。大腸の内視鏡は痛み止めを使用し、大腸を膨らませる際に空気ではなく二酸化炭素を使用しています。二酸化炭素の方が空気より吸収が早いため、検査後のお腹の張りなどもだいぶ楽になるかと思います。

検査は見落としのないよう丁寧におこない、ポリープを発見した場合は小さければその場での切除も可能です。内視鏡検査を検討されている方は、当院にお気軽にお越しください。

ご年配の方に配慮していること
しっかりと聞き取れるよう、低く大きな声でゆっくりと話すよう心がけています。

お年寄りは早口で話すと聞き取れない方もいらっしゃいます。また、歳を重ねると高い声が聞こえにくくなるので、低く大きな声で、ゆっくりと話すよう心がけています。

また、足腰が弱くなっている方もいらっしゃるので、診察室入るときに手をさしのべるなどの気配りをするようにしています。

内視鏡での早期発見への想い
若くしてがんにおかされていく患者さんを診たときのつらさは今でも心に残っています。

私より少し年上くらいの若い方でがんの末期の患者さんを診たことがありました。家庭もあり、小さいお子さんがいらっしゃったことや、年齢が近かったことから、とても他人事とは思えませんでした。何とか力を尽くして救いたい、でもそれは難しいという状況で、家族やご本人に病気の進行具合をお伝えしなければならなくなったときには暗たんたる思いでした。

そのような患者さんを一人でも減らすためにも、内視鏡検査に力を入れていきたいと思っています。